menu

関わることに、「増えた」をもたらすのが、私の役目です。 fromヨコハマ

浦田浩志

Dec 10, 2015

妻籠宿にて

CATEGORY | 写日記

干し柿がつくられていました。
昔ながら、ワラを編んで
いくつもの柿をぶら下げる。

まるで、干し柿の簾。
それだけで、ものすごく画になります。

色合いも素晴らしい。
こういう質感や色合いを後世に残していけたらなぁと思います。